四柱推命

【占い日々雑感】四柱推命 乗ってる人でも冴えない時期はある トランプ大統領の命式 米国中間選挙を終えて

投稿日:2018年11月8日 更新日:

 

米中間選挙 野党が盛り返して「ねじれ議会」の誕生

 

アメリカの中間選挙が終わりました。

下院は野党である民主党が議席を盛り返し、4年ぶりの「ねじれ議会」が生じました。

6日の米中間選挙で、ドナルド・トランプ大統領率いる共和党が上院の多数を維持する一方、下院では野党・民主党が8年ぶりに多数党に返り咲いた。トランプ政権の今後の政権運営に大きな打撃となったが、トランプ氏は上院での議席増を強調して勝利を喜ぶツイートを連投した。

引用元:【米中間選挙】 民主党が下院を奪還、政権に打撃 トランプ氏は上院勝利を強調

 

苛立つトランプ氏

 

Twitter上の勝利宣言とは裏腹に、トランプ大統領としては不満が残る選挙だったのでしょうか。

選挙の翌日は、かなり機嫌が悪かった様子です。

野党民主党に下院を奪還された米中間選挙から一夜明けた7日、トランプ大統領は記者会見場で、いら立ち全開で記者らをののしり、質問を遮り続けた。糾弾されたCNNテレビの記者は立ち上がって押し問答になるなど、すし詰めの会見場は一触即発の雰囲気に包まれた。

引用元:トランプ氏、いら立ち全開 一夜明け会見「無礼だ」

 

ところでトランプ氏の今年の運勢は?

 

久しぶりにドナルド・トランプ氏の運気を四柱推命で見える化してみました。

 

 

アメリカ大統領になるだけあって、昇進抜擢を絵に描いたような命式の持ち主です。

扱いにくそうなキャラクター全開のトランプさんは、メディアの前で見せている顔とプライベートの顔では、随分違うかもしれませんね。

プライベートでは「気配りのトランプ」なのかもしれないな、とおもいました。

 

ま、それはそれとして(笑)、ここ数年で巡ってくる年回りの良し悪しをみてみます。

流年干支をみていくと、大統領選挙のあった2016年と2017は良いが、2018年はやや足踏みとなることが分かりました。

四柱推命らしく干支でいうと、丙申年と丁酉年は良いが、戊戌年はやや足踏みということです。

 

(アメリカの影響力は世界最強のはずなのに、)北朝鮮との首脳会議はその後何か進展あったか?という感じですし、米中貿易戦争も決定打に欠ける状況が続いていますが、ウラで何か影響しているのでしょうか。

ま、人生山あり谷ありですから、素晴らしい命式の持ち主であっても「たまにはこういう年もある」ということで。

 

 

  • この記事を書いた人

乾 殊庵(けん じゅあん)

占術家/日本断易学会 理事/40代/鑑定歴15年以上/断易/四柱推命/九星気学/奇門遁甲/日本断易学会代表で京都 天台宗 西林寺住職の山本真照師から奥義を授かる/出身校:慶應義塾大学

-四柱推命

Copyright© 占いはココロのビタミン , 2019 All Rights Reserved.