九星占い

【占い日々雑感】九星占い 2018年12月の運勢まとめ

投稿日:2018年11月11日 更新日:

 

 九星占い 2018年12月の運勢 戊戌年甲子月

 

2018年12月の運勢をまとめました。

干支暦のお話ですので、2018年の12月(子月)は、2018年12月7日(金)~2019年1月5日(土)を指します。

 

一白水星

 

向上運

準備計画していたことがあれば徐々に前進して良い感じで目標が見えてきます。焦らずに一歩ずつ、着実に進めていきましょう。家庭では会話が増えて楽しく一家団欒。仕事のストレスから肩こり・胃腸炎・皮膚炎に注意です。食生活を改善するべし。

 

二黒土星

 

発展運

これまで計画準備してきたことを実行にうつすとき。チャンスを見逃すことのないよう、迅速に行動しましょう。

 

三碧木星

 

自重運

一見、物事が順調に進み、良い結果を期待したくなりますが、周囲から誤解を受けたり中傷により思うように進展しません。焦らずに状況判断をして根気よく、出来る範囲内で活動することが吉。金銭面でも不安定で予算通りにいかない傾向のため、収支管理を強化した方がよい。

 

四緑木星

 

向上運

対人関係は良好で、周囲の人たちから相談を受けることが多く、信頼を得ることができます。自分の意見を主張するのではなく、聞き役に回った方が良い結果を得ることが出来ます。事業では拡張を試すよりも、現状維持に徹して、内部の充実を図ることに徹した方が吉。

 

五黄土星

 

結実運

積極的に活動する時です。公私ともに忙しくなりますが、大きな成果が得られます。ただしあまり無理をすると胃腸や神経に負担が掛かるので、時間をやりくししながら上手に休息をとることも忘れずに。

 

六白金星

 

喜悦運

一息つくことが大事な時。肩の力を抜いて仲間の協力を得てください。今までの信頼関係が物を言います。遊び心が出て出費も増えがちですので、予め予算を建てることが大切。風邪は万病のもとですので、早目早目の治療を心がけましょう。

 

七赤金星

 

変化運

新しいことが始まる節目でもある今月は拘りが強く出てしまい無理が出やすいので注意してください。目先の欲だけで行動すると思うように行動出来ないので、経験者の意見に従うと良いでしょう。健康管理を怠らず、古傷が再発しないように注意。

 

八白土星

 

自重運

諸々の悪い面が表面化しやすい時。見栄を張らず、堅実慎重に進みましょう。金銭面では特に署名捺印に注意。健康面では流行性疾患に注意。

 

九紫火星

 

停滞運

迷いが生じやすく気苦労が絶えない時期。じっくりと粘り強く対処して、地道な努力と忍耐で乗り切りましょう。普段よりも周囲の意見に耳を傾けることが必要。倹約に徹し、貯蓄を図ること。血行不良と過労に注意。

 

結び

 

忘年会のシーズンが目前ですが、風疹が流行っているようです。

体調管理に気を付けて年末を乗り切りましょう!

 

  • この記事を書いた人

乾 殊庵(けん じゅあん)

占術家/日本断易学会 理事/40代/鑑定歴15年以上/断易/四柱推命/九星気学/奇門遁甲/日本断易学会代表で京都 天台宗 西林寺住職の山本真照師から奥義を授かる/出身校:慶應義塾大学

-九星占い

Copyright© 占いはココロのビタミン , 2019 All Rights Reserved.