四柱推命

【占い日々雑感】四柱推命 朝青龍の命式 大相撲を引退しても何ら問題なし

 

現在の朝青龍は、総資産100億円の政治家 兼 実業家!

 

久しぶりに朝青龍をテレビで見ました。

現在の朝青龍は総資産100億円の政治家 兼 実業家になっていて、番組の中で有吉も「相撲やめて正解だった」とコメントしていました。

場所休業中の「サッカー騒動」や暴行問題などでバッシングを浴び、相撲界から姿を消した朝青龍。引退後は母国モンゴルに帰国し実業家に転身、番組はモンゴルの首都・ウランバートルに飛び、その現在に迫った。

日本担当のモンゴル特使を務める朝青龍はモンゴル国会内にオフィスを構え、ロシア・プーチン大統領や中国・習近平国家主席とも面識を持つ。

さらにビジネスマンとしてもやり手。ウランバートルの中心部にサッカーコート4面分の土地を所有。銀行やサーカス団、レストランやコーヒーショップのオーナーとしても活躍している。

引用元:総資産100億円、元横綱・朝青龍の現在が凄すぎる 有吉「相撲辞めてよかった」

 

 

せっかくなので、少しだけ四柱推命で朝青龍の命運をみてみました。

以下に整理します。

力士時代のキャラは、マスコミに作られた可能性も!

 

 

朝青龍の命式をみた時におもったことは「この人は細やかで器用な一面を持ってる」ということでした。

フェイクニュースという言葉がありますが、マスコミの論調を鵜呑みにしない方が良いですね。

器用に立ち回れる人

 

朝青龍は、色んな顔を器用に使い分けられる人です。

暴力などの不祥事のイメージが強いですが、単なる荒くれ野郎ではありません。

もう少しいうと、四柱推命から浮かび上がる朝青龍の人物像は、

保守的なキャラクターと先進的なキャラクターを自在に使い分け、緻密な専門知識・構想力・プレゼンテーション能力を発揮するのが得意な、器用な人

です。

器用なので相撲もデキる人

 

朝青龍の場合、単に「身体能力の優れた出稼ぎ外国人力士」という見方では本質を見誤りますね。

「器用な朝青龍が、過去に相撲も上手にこなしていた。」という見方の方がベターだとおもいます。

「緻密な専門知識・構想力・プレゼンテーション能力を発揮するのが得意」なんですから、朝青龍は弁護士になっても「ヤリ手」になるんじゃないですか。

 

四柱推命をみるかぎり、力士時代よりも、

今の朝青龍の方が本当の姿をメディアの前に見せている

とおもいました。

 

人生の浮き沈みの観点からも、朝青龍の良い時期は、少なくとも2023年まで続く。

 

 

朝青龍を四柱推命でみたときに凄いのは、ここ最近ずっと好調が続いているということですね。

具体的にいうと、2004年から2013年の10年間(戊子運)、2014年から2023年の10年間(己丑運)、合計20年間は、朝青龍にとって最強の時代です。

官が効いてますから、特に「地位やポスト」と関係する20年間になります。

実際の朝青龍は大相撲では横綱の地位まで昇りつめ、引退後はモンゴルで総資産100億円の政治家 兼 実業家です。

スポーツ・武道・格闘技の世界で意外とネックになるのが引退後の第二の人生とされますが、朝青龍の場合は心配いりません。

 

五行バランスが好ましいから何とかなってしまうことが多い

 

朝青龍は2004年から2023年の20年間は五行バランスが非常に好ましいので、何かやらかしてハプニングや不祥事が発生しようが、奥さんと離婚しようが、何とかなってしまいます(笑)。

朝青龍は「強運とされる時期が働き盛りの時期に長く続く人」なんです。

うらやましいですね(笑)。

 

大相撲を早めに辞めて実業家に転身は正解

 

大相撲を引退して実業家に転身する2010年(庚寅年)も良い年回りで、さらにいうと環境の変化を表す場合もある「駅馬」が「寅」に入ります。

「むしろ大相撲を早目に引退して正解だった」というのは、四柱推命の観点からも頷けることです。

逆に相撲協会は、こういう強運な朝青龍を失って痛手になったのではないでしょうか。

 

少なくとも2023年までは良い時期が保たれる

 

2014年からの10年間を支配する大運は己丑ですが、丑は朝青龍にとっての「天乙貴人」です。

ここでいう天乙貴人は「自分を守ってくれたり引っ張り上げてくれる有力者の加護」をあらわします。

2017年からモンゴルの大統領からの指名で「日本担当の外交顧問および大統領特別大使」として抜擢されて忙しい朝青龍は、どこまで活躍するのでしょうか。

少なくとも2023年(癸卯年)までは、好ましい五行の状態が保たれます。

まあ、余程の無茶がなければ、大丈夫でしょう。

 

ABOUT ME
乾 殊庵(けん じゅあん)
占術家/日本断易学会 理事/40代/鑑定歴15年以上/断易/四柱推命/九星気学/奇門遁甲/日本断易学会代表で京都 天台宗 西林寺住職の山本真照師から奥義を授かる/出身校:慶應義塾大学