四柱推命

【占い日々雑感】四柱推命 イチローの命式(良い時期に現役引退)

投稿日:2019年3月24日 更新日:

 

今回は、イチローの四柱推命を扱います。

 

イチローが現役引退を表明

 

皆さんご存知のとおり、イチローがファンに惜しまれながら引退です。

 

年齢的に、メジャーリーガーの中でかなりベテランだったようですね。

 

その分だけ、息の長い活動を続けてきたともいえます。

 

日本のプロ野球で9年、大リーグで19年にわたってプレーし、日米通算4367安打をマークした大リーグ・マリナーズのイチロー選手が21日夜、東京都内で記者会見し、現役引退を表明しました。

45歳のイチロー選手は21日夜、東京ドームで行われた大リーグの公式戦のアスレティックスとの試合のあと記者会見を行いました。

イチロー選手は「きょうのゲームを最後に現役生活に終止符を打ち、引退することになりました」と述べ、現役を引退を表明しました。

イチロー選手は引退を決意した理由を問われると、「マリナーズ以外に行く気持ちがなかったのは大きい」と話しました。

引退を決めた時期については、「キャンプ終盤だった。もともと日本の試合でプレーするところまでが契約上の予定だったがキャンプ終盤でも結果を出せず、それを覆すことができなかった」と述べました。

そのうえで「きょうのあの球場でのできごと、あんなものを見せられたら後悔などあろうはずがありません」と話しました。

引用元:イチローが現役引退を表明「後悔などあろうはずがない」

 

ここ最近は連続無安打が21打席続いていたわけですが、とうとう引退です。

 

下記の報道内容によると、引退後も盤石の様子です。

 

イチローはメジャー挑戦時(2001年)にマリナーズと契約ボーナスを含めて3年総額約1400万ドル(約15億4000万円)の契約を結んだが、そのうちの700万ドル(約7億7000万円)と利子分を後払いで受け取る内容になっていたという。

その後、イチローは2004年から07年まで4年総額4400万ドル(約48億3600万円)でマリナーズと契約を延長。そして、記事では2007年7月に結ばれた3度目の契約について特筆している。

イチローは5年9000万ドル(約99億円)の大型契約を結んだが、毎年500万ドル(約5億5000万円)分が後払いに設定されているという。総額2500万ドル(約27億5000万円)に、5.5パーセントという利子を乗せた金額をマリナーズに預けている状況で、受け取りは引退翌年の来年1月からスタートする、と記事では報じている。

引用元:イチローの契約を経済誌が絶賛 全盛期報酬の一部は引退後に支払いスタート

 

利子が5.5%というのも凄いですね。

 

 

プロアスリートはいつ引退するか?が結構大切

 

イチロー自身は、50歳まで現役を続ける目標もあったようです。

 

また、ファンとしても、出来るだけ長く活躍する姿は、楽しみにしていたとおもいます。

 

ですが、プロアスリートは引退のタイミングは結構大切です。

 

引き際を間違えてズルズルと先延ばしになると、手の平を返したようにファンが減ります。

 

そして引退間近でイメージが悪くなると、引退後の活動にも悪影響を及ぼしかねません。

 

今回のイチローの場合は、ファンに惜しまれながらの引退でしたので良い形での引退だったのだろうとはおもいますが、四柱推命でみた時にどうなのかを確認してみました。

 

四柱推命 己亥年もイチローの運気は良いです

 

イチローの状況を四柱推命で見える化すると、下記のとおり。

 

 

強い金(辛の身強・月刃格)の人ですね。

 

その命式から、じっとしていることなく動き回り、精力的に活動する様子がうかがえます。

 

才能や能力に溢れますが、自己評価も非常に高いです。

 

発言にトゲがあるタイプなので周囲との摩擦も多くなりがちですが、キャラクターを器用に使い分ける面もありますので、それなりに上手くやっていくでしょう。

 

勝負強さと勘の良さを持ち合わせる人でもあります。

 

 

扶抑用神法も必要ですが、それ以外の手法も含めた総合判断では下記のとおり。

 

ここ数年は連続して良い年回りが続いていて、来年からパワーダウン。

 

2022年からまた好調になります。

 

丙申年(2016年立春~2017年節分)・・・〇

 

丁酉年(2017年立春~2018年節分)・・・〇

 

戊戌年(2018年立春~2019年節分)・・・〇

 

己亥年(2019年立春~2020年節分)・・・〇

 

庚子年(2020年立春~2021年節分)・・・△

 

辛丑年(2021年立春~2022年節分)・・・△

 

壬寅年(2022年立春~2023年節分)・・・〇

 

2019年で引退せずに2020年や2021年で引退だと、ちょっとどうなっていたか分かりませんね……。

 

もしかすると、2020年や2021年で引退だと、成績も振るわず、評判がガタ落ちの状態で引退だったのかもしれません。

 

己亥年のイチローの運気は、「周囲からのお引き立てに恵まれる良い一年」です。

 

そのお引き立てのパワーが引退と結びつけば、好感度の面では言うこと無しです。

 

そしてのんびりせずに、今年中に新しい進路を決めてしまえば、新たな門出にも最適です。

 

  • この記事を書いた人

乾 殊庵(けん じゅあん)

占術家/日本断易学会 理事/40代/鑑定歴15年以上/断易/四柱推命/九星気学/奇門遁甲/日本断易学会代表で京都 天台宗 西林寺住職の山本真照師から奥義を授かる/出身校:慶應義塾大学

-四柱推命

Copyright© 占いはココロのビタミン , 2019 All Rights Reserved.